TOP > カードの基礎知識 > 信用させるには

審査に通るコツは”信用させる”こと

申込書による自己申告以外に、
「個人信用情報センター」に登録されている個人信用情報も審査の対象になります。

これは過去の借入状況のデータが登録されているもので、
顧客に融資を許可して良いかを金融業者が照会するために利用されます。

過去に延滞履歴などのネガティブなデータが登録されている人はカードや融資の申し込みをする時には不利になります。

申し込み履歴も登録されているので、
短期間にカードを繰り返し申し込みしている人も不審だとみなされ不利になります。

審査に通りたいなら・・・

審査基準はカード会社によって異なりますが、もしカードの審査に通過したいのであれば、
申込書には嘘を記載しないで正しく全て記載してください。

空白が少なくきちんと記載されている方が、その人の信頼感が上がるからです。

すぐに結果が出ることではありませんが、カード会社からの信頼を上げるためには
支払いを延滞しないこと」や「できるだけ長く現在の職場に勤務し続けること
などがあげられます。

支払いを延滞せず、長期間にわたってきちんと支払いを続けていること、
あまり転職をせずに一つの職場に長く勤務することで、金銭に対して真面目な性格の持ち主であり、
安定した収入を得ているという信用を印象づけることができます。

自分の個人信用情報が気になるのであれば、
個人信用情報機関に問い合わせをすることで、自分の情報を開示してもらうこともできます。

印鑑と免許証などの身分証明書を持って直接行けばその場で開示してくれるほか、情報を郵送してくれる機関もあります。
情報を開示したい方は、個人信用情報機関のホームページなどでしっかり確認してください。

漫画でわかるアコムマスターカード
▲ ページの先頭へ