TOP > カードの基礎知識 > 審査の判断基準になる個人情報

職業や年齢が判断基準に

クレジットカードの申し込みをすると、カード会社は申込書に記載されている個人情報から、
カードを発行するにふさわしいかどうかを審査します。

クレジットカードというのは、信用のもとにお金を貸してあげることになるので審査は必要なことなのです。

クレジットカードを発行が許可されるには、
カードの支払い能力があると判断されなければなりません。

過去に支払いの延滞などがある場合、マイナスポイントとして評価され不利になることもあります。

こうした評価のポイントはカード会社によって異なりますが、
申込者に対する審査項目はまず、安定した収入があるかどうかがあげられます。
職業、年収、勤務年数、勤務先の規模などが審査の対象になります。

その他、審査に必要な情報は?

年齢、家族構成、居住年数、住居形態も項目にあげられます。

本人が信用できる人かどうかというのもお金を貸すためには審査が必要になってきますし、
本人の確認ができて、居場所が確かであることは、夜逃げなどの可能性がないことの判断になります。

一般的に、年齢や年収は高いほうが審査に有利だとされています。

また、勤続年数や住居への居住年数も長いほうが有利で、住居の形態は賃貸のマンションやアパートよりも持ち家、社宅などの方が有利、そして一人暮らしよりも両親と同居しているとさらに評価が高くなります。

確実に返済できる、支払いが滞らない条件にあればあるほど審査には通りやすくなります。

持ち家や社宅ならば居場所も確かであり夜逃げをする心配も少ないですし、
両親と同居していれば万が一支払いが滞った時でも、代わりに払っておいてもらうことができます。

さらに、独身であれば自分のために使えるお金が多くたくさんカードを使ってもらえる可能性があるので、独身であることも有利なステータスのひとつであると言えます。

漫画でわかるアコムマスターカード
▲ ページの先頭へ