TOP > カードの基礎知識 > クレジットカードの付帯保険

自動付帯とオプション加入があります

クレジットカードに付帯されている保険にはいったいどんな種類のものがあるでしょうか。

また単に保険といっても、入会と同時に付帯している自動付帯のものと、
オプション加入として追加で保険料を払って付帯できるものとがあります。

自動付帯で一般的なものは海外旅行保険・国内旅行保険や、ショッピングの際にクレジットを使用した場合に有効となる盗難保険、傷害保険などがあります。

オプション加入できるものは、医療保険やがん保険、さらにはホールインワン保険のようなものまで幅広くあります。

オプションで加入する場合には自分で情報を集め加入する一方で、
自動付帯の場合はあまりよくわからないままになっている人が多いようです。

カード会社によってその補償範囲が異なります。

カードの種類によって補償範囲は変わる

また、カードの種類(一般なのかゴールドなのか等)によっても、
補償範囲が異なることを認識しておいてください。

例えば、同じM社発行のカードであっても、一般カードは死亡保険500万円、疾病50万円まで、
一方ゴールドカードは死亡1000万円疾病100万円、といったように、内容はカードの種類などによって様々です。

また海外旅行保険の場合、一般に入る(カード会社を通さない)旅行保険と比較し、
何か自動付帯でないのかを知っておくことも大事です。

例えば 一般的に海外旅行保険には、手荷物・飛行機遅延の補償があります。

ですが、カード会社による自動付帯の海外旅行保険には、手荷物・飛行機遅延の補償がないケースもあります。

その場合、海外旅行前に、クレジット会社に連絡をして、
オプションで補償を追加してもらうなどの措置を取ったほうがいいかもしれません。

漫画でわかるアコムマスターカード
▲ ページの先頭へ